年賀状博物館 年賀状をめぐる文化を展示したWEB上の総合博物館
年賀状博物館
館長のことば 年賀状の歴史 干支について 年賀状展示室 年賀状のマナー 年賀状の整理
十二の動物 十二の動物
子【ねずみ】
丑【うし】
寅【とら】
卯【うさぎ】
辰【たつ】
巳【み】
午【うま】
未【ひつじ】
申【さる】
酉【とり】
戌【いぬ】
亥【い】

HOME > 干支について > 十二の動物 丑【うし】


牛は大昔から、人間の営みに欠かすことのできない役割を果たしてきました。食用だけではなく、農耕の重要な役畜にもなりました。

中国の殷の時代には、牛の肩甲骨に生じるひび割れで占いもしていました。このように人間にとって重要な家畜であったことから、牛は生贄(いけにえ)に供されることもしばしばでした。

こんなところから牛が選ばれたとしても不思議ではありませんね。また、紐(ひも)という字のつくりに、この丑の字が見えます。「結ぶ」「つかむ」などの意味を込めたとも考えられています。


 


  メニューリスト
子【ねずみ】 丑【うし】 寅【とら】 卯【うさぎ】 辰【たつ】 巳【み】
午【うま】 未【ひつじ】 申【さる】 酉【とり】 戌【いぬ】 亥【い】

干支とは 十二の動物 COLUMN 物知り干支せとら
 
↑このページの上部へ
フタバ株式会社このサイトは フタバ株式会社 が運営しております。
Copyright © 2006 Nenga-Museum. All Rights Reserved.

年賀状をめぐる文化を展示したWeb上の総合博物館「年賀状博物館」

お問い合わせ