年賀状博物館 年賀状をめぐる文化を展示したWEB上の総合博物館
年賀状博物館
館長のことば 年賀状の歴史 干支について 年賀状展示室 年賀状のマナー 年賀状の整理
十二の動物 十二の動物
子【ねずみ】
丑【うし】
寅【とら】
卯【うさぎ】
辰【たつ】
巳【み】
午【うま】
未【ひつじ】
申【さる】
酉【とり】
戌【いぬ】
亥【い】

HOME > 干支について > 十二の動物 午【うま】


古くから「天を行くは龍 地を行くは馬」などといわれ、馬ほど人の役に立ち、人の暮らしに深く関わる動物は無いと考えられてきました。

日本でも古くから祈願の際などに、寺社に馬を奉納する慣わしがありましたが、これは後に板に描いた馬の絵に代えられるようになりました。庶民にとって馬は高額であったため、また寺社でも馬の世話が大変であったためでしょう。これが「絵馬」の起源となりました。

寺社によって絵馬は、家内安全、五穀豊穣から受験、縁結びなど、さまざまな願いを叶えてくれる風習として定着しています。二月初めの午の日に行われる行事の「初午」は、主として豊作が祈願されています。


 


  メニューリスト
子【ねずみ】 丑【うし】 寅【とら】 卯【うさぎ】 辰【たつ】 巳【み】
午【うま】 未【ひつじ】 申【さる】 酉【とり】 戌【いぬ】 亥【い】

干支とは 十二の動物 COLUMN 物知り干支せとら
 
↑このページの上部へ
フタバ株式会社このサイトは フタバ株式会社 が運営しております。
Copyright © 2006 Nenga-Museum. All Rights Reserved.

年賀状をめぐる文化を展示したWeb上の総合博物館「年賀状博物館」

お問い合わせ