年賀状博物館 年賀状をめぐる文化を展示したWEB上の総合博物館
年賀状博物館
館長のことば 年賀状の歴史 干支について 年賀状展示室 年賀状のマナー 年賀状の整理
年賀状の整理 年賀状の整理
手づくり整理法
ステーショナリーを使う
パソコンを使う
HOME > 年賀状の整理 > 手づくり整理法

手づくり整理法

一般の家に届く年賀状は、そんなに多くはないでしょう。
それだけに、お金をかけずに整理・収納する方法を考えなくては
なりません。
コツは、引き出しや本だなにすんなりと収まり、どこに置いたか
忘れず、あとから利用しやすくしておくことです。


箱を使う

お歳暮にいただいた贈答品の箱など、しっかりした物をとっておいて「年賀状整理箱」として使うのも一つの方法です。官製はがきの大きさは、100mm×148mm。私製はがきもたいていこのサイズに合わせてあります。これが入る箱ならいいのです。ただし、毎年一箱ずつ寝かせて入れるのでは、かさばるばかり。横に立てて入れられるサイズの箱なら、厚紙の仕切りで区切りながら、何年か分をまとめておけます。
外側を千代紙などで飾り、棚に置いておけば、忘れることもありません。


袋を使う

袋を使う1年ごとに封筒のような袋に入れて、しまっておくのも悪くありません。
封筒なら、角形7号(142mm×205mm)か長形3号(120mm×235mm)がちょうどいいサイズです。
台所などで使うファスナー付きの厚手のポリ袋なら、外からも見えますし、密閉され黄ばみやほこりを防げます。量が多ければ、靴などのショッピングバッグを使うのもいいでしょう。


便利で手軽、ガムテープ製本

便利で手軽、ガムテープ製本その年の年賀状の束をまとめ、一片をきれいにそろえて、ガムテープや製本テープでとめ、一冊の本のように製本してしまう方法です。そのまま、本箱などに新書版などと並べて立てられます。
厚紙に「平成○年」などと書いた表紙をつけておけば、後で探すときも役立ちます。

 


  メニューリスト
手づくり整理法 ステーショナリーを使う パソコンを使う


↑このページの上部へ
フタバ株式会社このサイトは フタバ株式会社 が運営しております。
Copyright © 2006 Nenga-Museum. All Rights Reserved.

年賀状をめぐる文化を展示したWeb上の総合博物館「年賀状博物館」

お問い合わせ