年賀状博物館 年賀状をめぐる文化を展示したWEB上の総合博物館
年賀状博物館
館長のことば 年賀状の歴史 干支について 年賀状展示室 年賀状のマナー 年賀状の整理
年賀状のマナー 年賀状のマナー
表書き
投函と配達の時期
喪中欠礼
こんな場合は?
HOME > 年賀状のマナー > 投函と配達の時期

投函と配達の時期

元旦の朝、家のポストから年賀状の束を出すのは、誰にとってもわくわくするものです。1月1日にきちんと届くために、 いつまでに出さなければいけないか 忘れずチェックしておきましょう。

受付期間

1月1日に宛先に届く年賀特別郵便の受付期間は、毎年次の期間です。
12月15日〜24日

離島などでなければ、期限より遅れても1月1日に届くこともありますが、なるべく指定期間に投函しましょう。枚数が多い場合は、ゴムなどでひとまとめにしてポストに入れてもかまいません。


海外への年賀状の投函時期

海外向けには年賀状の特別取扱いはありません。(中国・韓国にはあるようですが、国際郵便には適用されません。)ですから、1月1日に確実に届ける方法はないと思っていいでしょう。

新年に届くようにするためには、通常の到達期間を基準に、逆算して投函しましょう。ただし、年末年始は国際郵便も混み気味で、通常より多少時間がかかるようです。

キリスト教圏の人には、クリスマスカードと合わせ、「Merry Christmas and Happy New Year」とし、12月20日〜25日に届くように投函するのもひとつの方法です。
ただし、イスラム教圏の人宛には、これは禁物です。

 


  メニューリスト
表書き 投函と配達の時期 喪中欠礼 こんな場合は?


↑このページの上部へ
フタバ株式会社このサイトは フタバ株式会社 が運営しております。
Copyright © 2006 Nenga-Museum. All Rights Reserved.

年賀状をめぐる文化を展示したWeb上の総合博物館「年賀状博物館」

お問い合わせ